By Machi / 最後の更新 2022年06月22日

HDDをSSDにクローンを作成する最速の方法は何なのか?

 

現在使っているクローンソフトが600 GBのHDDを120 GBのSSDにクローンするのに平均で約1.5~2時間かかっています。時には、4時間以上かかることもあります。なぜこれらのドライブがクローン作成にそんなに時間がかかりますか、何かアイデアはありませんか?これを行うためのより良い、より簡単な、より速い方法はありますか?

 

これは、より大きな容量、より良いパフォーマンスのためにハードディスクのクローンを作成したい多くのユーザーにとって疑問であるかもしれません。クローン作成速度はデータ量と、ソースディスクとターゲットディスクの読み書き速度につながっています。

しかし、ソースディスクのすべてのセクターをクローンする代わりに、使用されるセクターだけをクローンすることで、クローン作成時間を短縮できます。この記事では、HDDからSSDにクローンを安全かつ高速に作成するために、そのようなクローンソフトを紹介します。

HDDをSSDにクローンを作る

HDDからSSDにクローンを作るための最適なディスククローンソフト

HDDを交換することはパソコンにとって最高のアップグレードであり、多くのユーザーはOSの再インストールなどの手間を省くために、HDDをSSDに直接移行したいと思っています。この時、信頼性の高いディスククローンソフトが必要です。ここでは、AOMEI Backupper Professionalを強くお勧めします。

◎ 複数のクローンモード:

ディスククローン、システムクローン及びパーティションクローンをサポートしています。前の2つのモードは、オペレーティングシステム(OS)、システム予約済みパーティション/EFIシステムパーティション、回復パーティションなど、Windowsを起動するために必要なすべてのものをクローンすることが可能です。

元のHDDを丸ごとコピーするには、「ディスククローン」を使用します。OSだけを移行する場合、「システムクローン」を使用して、より少ない時間とディスク容量で移行することができます。

◎ 高度なクローン設定:

使用されているセクターのみクローンする「インテリジェントセクタークローン」、すべてのセクターをクローンする「セクター単位のクローン」、SSDの読み書き速度と読み込み速度を向上する「SSD 4Kアライメン」、ターゲットディスクのパーティションのサイズを手動/自動で調整する「パーティションを編集」などのクローンオプションで、ニーズに応じてクローンをカスタマイズできます。

◎ 簡単な操作:

UIデザインがシンプルでわかりやすく、操作も簡単で、いくつかのクリックだけでクローンを作成できます。初心者でも気軽に使えます。

Windows 11/10でHDDからSSDにクローンを作る最速かつ最も簡単な方法

ここでは、AOMEI Backupper Professionalの「ディスククローン」機能を利用して、Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPでハードディスクを安全にクローンする方法を説明します。その前に、いくつかの準備をする必要があります:

ターゲットディスクのHDD/SSDを用意します。初期化されていない場合は、「ディスクの管理」で初期化してください。
HDD/SSDをパソコンに取り付けます。ノートパソコンの場合または、スロットが1つだけある場合、USB-SATA変換ケーブルを用意する必要があります。
両方のディスクの容量を確認します。クローン先ディスクの容量がソースディスクの使用済み容量と同じまたはより大きいことを確認する必要があります。もしそうでなければ、古いディスクにある不要なファイル/アプリを削除してください。または、「システムクローン」でOSのみクローンします。
クローン完了後、ターゲットディスクにあるすべてのデータが上書きされるので、あらかじめ重要なファイルをバックアップしておいてください。
AOMEI Backupper ProfessionalをダウンロードしてPCにインストールしてください。Windows Server 2003/2008(R2)/2012(R2)/2016(R2)/2019/2022のユーザーの場合、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。
Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

さて、次の手順に従ってHDDからSSDにクローンを作成しょう~(。・∀・)ノ゙

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動し、「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

▶ ヒント:MBR/GPTの間のクローンに加えて、MBRからGPTへのクローン、またはGPTからMBRへのクローンも可能です。

ステップ 2. クローンするHDDを選択して、「次へ」をクリックします。

HDDを選択

ステップ 3. クローン先のSSDを選択し、「次へ」をクリックします。

SSDを選択

ステップ 4. クローン先がSSDの場合、「SSD 4Kアライメン」にチェックを入れて、「開始」をクリックします。クローン完了後、クローンしたSSDからパソコンを起動するために、BIOSで起動順位を変更する必要があります。詳細については、「起動ドライブをSSDに簡単に変更する方法」をご参照ください。

開始

✩ ヒント:
パーティションを編集」及び「セクター単位のクローン」というオプションもあります。どちらもディスクをより大きいディスクにクローンするのに適用されていますが、同時に使用することはできません。
前者は未割り当ての領域を最大限に利用したり、パーテイションスタイル(MBRまたはGPT)を変換したりするもので、後者は空白セクターや不良セクターを含むソースディスクのすべてのセクターをクローンするものです。

👉「パーティションを編集」では、以下の4つのオプションがあります:

  • パーティションのサイズを変更せずコピー:クローン元/バックアップ元のパーティションをそっくりそのままターゲットディスクにコピーします。
  • 各パーティションに未使用領域を追加:ターゲットディスクの容量を十分に活用するために、ターゲットディスク全体に合わせて各パーティションのサイズを自動的に調整します。
  • パーティションのサイズを手動で変更:スクロールバーをドラッグすることによって、手動でパーティションのサイズと場所を調整します。
  • ターゲットディスクをGPTからMBRに変換/ターゲットディスクをMBRからGPTに変換:SSDのパーティションスタイルがHDDと異なる場合、このオプションにチェックを入れると、変換するのに役立ちます。

パーティションを編集

パーティションスタイルの確認:「スタート」ボタンを右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。クローン先のディスクとクローン元のディスクを右クリックし、「プロパティ」→「ボリューム」タブをクリックし、「パーティションのスタイル」でディスクのパーティションスタイルを確認します。または、AOMEI Backupperのターゲットディスク/ソースディスクの選択ページにも確認できます。具体的に、「ディスク」の文字の下、ディスク容量の上に表示されます。

パーティションスタイルの確認

まとめ

HDDからSSDにクローンを作成する最速かつ簡単な方法は、AOMEI Backupper Professionalを使用することです。その使いやすいインタフェースと簡単な操作は、多くの時間と労力を節約します。好きなように、ディスクを大容量/小容量ディスクにクローンすることができます。また、4K技術でSSDの性能を最適化することもできます。

このソフトはクローンに加えて、バックアップ&復元、同期、ディスク消去など様々な機能を備えています。クローン完了後、古いHDDの再利用や処分にも役立ちます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!