By AOMEI / 最後の更新 2019年10月31日

EZ GIG IVクローンの問題の原因と解決方法

EZ GIG IVクローンが失敗する理由はいくつかあります。以下は主な原因を説明します。

ezgigツール

● USB 3.0ホストコントローラーを使用する。一般に、EZ Gig IVを使用するには、ドライバーケーブル、EZアップグレード、Velocity Solo、またはSATAワイヤーなど、Apricornの製品のいずれかを使用する必要があります。ただし、SATA WireはUSB 2.0のみで機能します。したがって、ポートを変更して再試行してください。

● EZ GIG IVはドライブを認識しない。BIOSで検出されているかどうかを確認してください。検出されている場合、「ディスクの管理」で確認してください。そうでない場合は、再接続して再試行してください。Samsung SSD 850 EVO M.2をコンピューターに接続する場合は、BIOSでSATAモード構成をM.2に変更してください。

● EZ GIG IVは不良セクターをコピーした。EZ GIG IVが不良セクタをコピーすると、クローンプロセスが停止するか、クローンが直接失敗してしまいます。ハードドライブのエラーをチェックするには、CHKDSKを実行する必要があります。でも不良セクタを修復すると、そのセクタのすべてのデータが失われることに注意してください。

その他、EZ GIG IVがドライブを見つけられないなどの原因もあります。これらの問題をを修正すると、一時解決できますが、根本的な問題がまだ存在する可能性があります。さらに悪いことに、重要なデータが紛失してしまいます。

EZ GIG IVクローンエラーを解決する他の方法

上記のすべての方法で問題を解決できない場合は、別のクローンツールを選択してください。AOMEI Backupper Professionalは、安全で信頼性の高いクローン作成ソフトウェアです。包括的なクローン作成ツールとして、様々な目的に応じて様々な機能を提供します。

それでは、AOMEI Backupperを使用してクローンを作成する手順を紹介させて頂きます。

手順 1. SSDをコンピューターに接続し、Windowsがそれを検出できることを確認してください。AOMEI Backupper Professionalをインストールし、起動してください。

手順 2. ホームページで、「クローン」、「システムクローン」をクリックしてください。

システムクローン

手順 3. ソースパスが自動的に選択されるので、ターゲットパスだけを選択してください。

ターゲットディスク

手順 4. 「SSD 4Kアライメント」オプションをオンにして、SSDを最適化し、読み取りおよび書き込み速度を向上させます。

アライメント

手順 5. 「開始」をクリックして、タスクを実行します。

ご注意:選択したSSDは上書きされるため、重要なファイルやデータを事前にバックアップしてください。

注意

まとめ

EZ GIG IVクローンが失敗した原因と解決方法は既に説明しました。根本的に問題を解決するか、二度とエラーに遭わないように、ほかの安全かつ信頼できるクローン作成ソフトを使用することをお勧めします。AOMEI Backupperはその以上のメリットを持ち、とても使いやすいクローンソフトである一方、最高のバックアップソフトでもあります。もしWindows Serverである場合、AOMEI Backupper Serverを利用してください。

早くAOMEI Backupperを選択し、早くデータを守ります。

人気記事