By ゆき / 最後の更新 2022年10月27日

HDDクローンのメリット

HDDクローンフリーソフトを紹介する前に、まずHDDクローンのメリットを理解しましょう~

なぜ、バックアップまたはクローンが必要?

  • ★問題:使い方や物理的な衝撃などの影響でHDD(ハードディスク)の調子が悪くなって故障することはよくあります。HDDの不調により、デジタル写真、ソフトウェア、プログラム、ホームビデオ、ミュージックなど、重要なデータが正常に読み込むことができないか、失われる可能性もあります。

    ☆解決策:データ損失を防ぐために、あらかじめディスクバックアップまたはディスククローン・コピーを実行しておいてください。

それに加えて、古くて小さなHDD(またはSSD)を新しくて大きなHDD(またはSSD)にアップグレードまたは交換する時、OSやアプリを再インストールする代わりに、ディスク全体を丸ごとバックアップ或いはローン・コピーするのは時間と労力を節約します。

バックアップと比べてクローンの利点は何?

しかし、HDDバックアップとHDDクローン(コピー)の違いは何ですか?いったいどちらを選択した方が良いですか?ここでは、簡単に解説しましょう~

ディスクバックアップ:ソースディスクをイメージファイルとしてターゲットディスクに保存して、必要な時にイメージファイルからデータを復元することです。

ディスククローン:ソースディスクの全てのデータをターゲットディスクに丸ごと複製することにより、ソースディスクと全く同じディスクを作成することです。

★復元を必要とせずターゲットディスクを直接使用できます。また、ソースディスクは起動ディスクである場合、ターゲットディスクからOSを直接起動できます。だから、HDDやSSD換装時にHDDクローンは最適だと思います。

HDDバックアップと比べて、HDDクローンの方が優れていることは明らかになります。次は、信頼性の高いハードディスククローンフリーソフトをおすすめします。

人気のHDDクローンソフト【無料】

ディスククローンを実行するには、使いやすいハードディスククローンフリーソフトが必要です。ここではAOMEI技術によって開発されたHDDクローンフリーソフト - AOMEI Backupper Standardを強く推奨します。このソフトは、いろいろな機能を備えます。ディスククローンだけでなく、パーティションクローン、ブータブルメディアの作成なども簡単かつ高速に完成できます。また、以下の特徴とメリットがあります:

分かりやすい画面の指示に従えば、誰でも簡単に使えます。
Windows11、10、8.1/8、7、XP、Vistaに完全対応します。
クローンしたディスクから、OSを正常に起動/実行できます。
大切なデータを常に守ります。バックアップ&復元、同期など、もっと多くの機能を持っています。
Samsung、Cruialなどのすべてのブランドのディスクをサポートします。

......

しかし、起動ディスクをクローンする場合、個人PC向けProfessional版またはビジネスPC向けWorkstation版にアップグレードしてください。また、サーバーで使用可能なServer版や企業の台数無制限のパソコン向けTechnician Plus版もあります。➨もっと詳しく

HDDクローンフリーソフトの使い方

ღ次はこの無料HDDクローンソフトを利用して、MBRシステムディスクからMBRディスクにコピー・クローンする手順を紹介します。

Step 1. AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロード、インストール、起動します。

Step 2. ホーム画面で「クローン」タブ→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

Step 3. ソースディスク(クローン元)とターゲットディスク(クローン先)を選択して、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択

注意:もし、ターゲットディスクにパーティションがあるなら、以下のような画面が表示されます。その上のデータを全て削除、上書きしても構わない場合、「はい」を直接クリックしてください。もし、重要なデータがあれば、「キャンセル」をクリックして、まずはAOMEI Backupper Standardでバックアップを取っておいてください。

確認

Step 4. 操作概要を確認し、問題なければ「開始」をクリックして、ディスククローンを実行します。

開始

✿HDDクローンに関するヒント

▶クローン先のHDDの空き容量は、クローン元のHDDの使用済み容量より大きいか、または等しい限り、大容量HDDを小容量HDDにクローンすることができます。

▶「セクター単位のクローン」オプションは、使用済みか未使用かに関わらず、ソースディスク上のすべてのセクタをクローンすることです。大容量HDDを小容量HDDにクローンする時に使用できません。

▶「パーティションを編集」で、ターゲットディスクのパーティションサイズを調整できます。「パーティションサイズを変更せずにコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」、「パーティションのサイズを手動で調整」を選択できます。最後の2つのオプションはAOMEI Backupper Professionalで利用可能です。

パーディションスを編集

▶HDDクローンフリーソフトで、ディスククローンを実行した後、クローンしたディスクからパソコンを起動したい場合は、以下の手順に従ってください。

デスクトップの場合は、コンピューターを再起動して、製造元に応じてF2F10F12DEL、またはその他のキーを繰り返しクリックしてBIOSに入り、最初の起動デバイスがクローンしたディスクであることを設定してから、通常どおり起動します。

BIOS

ラップトップの場合は、コンピューターをシャットダウンし、古いディスクを取り出し、クローンしたディスクをスロットに挿入し、コンピューターを再起動して、クローンしたディスクから通常どおり起動します。

▶クローン元のHDDはシステムディスクである場合、「作業が完了した時、PCをシャットダウン」にチェックを入れてください。クローンが完了すると、パソコンが自動的にシャットダウンします。

クローン完了

▶データセキュリティのため、古いHDDを他人に譲たり、廃棄したりする前に、データを徹底的に削除する必要があります。AOMEI Backupperの「ディスク消去」機能は、4つの消去モードに対応し、いずれかのモードを使っても、あなたのデータを徹底的に消去できます。ぜひ使ってみてください!具体的な手順については、「ディスクを完全に消去する方法」をご覧ください。

ディスク消去

まとめ

AOMEI BackupperはHDDクローンフリーソフトとして、数回のクリックだけでHDDクローンが完了できます。

クローン機能のほかにAOMEI Backupperはバックアップ&復元の機能も提供しています。もちろん、HDDをSSDに換装するために、バックアップ&復元を使用してWindows 11/10/8/7をSSDに移行することもできます。さらに、CD/DVDまたはUSBメモリでブータブルメディアを作成できます。そのため、Windowsをロードせずにクローンや復元を実行できます。

はい、以上です。この記事が役立つ場合は、友達と共有してください。何か質問や提案がある場合は、[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。