By Akira / 最後の更新 2022年04月22日

XXCloneについて

XXCloneはボリュームのクローンソフトウェアの1つです。システムファイル、インストールされたアプリケーション、全てのデータファイルとともに他のディスクへWindowsシステムディスクまたはボリュームをコピーします。そのハイライトの1つはターゲットディスクをセルフブータブルにすることです。そのため、起動のためにシステムを復元する必要がありません。事故が発生する時、直接にクローンボリュームからコンピューターを起動できます。それはFATからNFTSへのコピーをサポートします。ユーザーにとって簡単です。XXClone技術は3つのバージョンを提供します。XXClone Freeware、XXClone HomeとXXClone Proです。より多い機能を持っている後の2つのエディションは有料です。Windows 11/10/8/7/XPでXXCloneを使用して、ディスクをアップグレードしたり、OSを移行したりできます。最新のバージョンは2.08.3であり、それは2016年6月に更新されました。

xxclone操作モード

なぜXXCloneの代替品が必要ですか?

XXCloneは便利なコピーソフトウェアですが、人々の毎日のコンピューター管理にとっていくつかの重要な機能を持っていません。

まず、以上のスクリーンショットから、2つのオプションがグレーアウトすることを見られます。それはXXClone Freewareでボリュームの増分バックアップの作成が失敗することを意味します。それらの2つのオプションは有料バージョンのためにデザインされました。XXClone Pro以外のXXCloneエディションはシステムを含まないボリュームを操作できません。ほとんどのユーザーはデータパーティションの重要なファイルをバックアップしたいのでそれは悪いことです。

前述の制限はXXClone FreewareとHomeエディションだけがあるなら、以下の制限は全てのバージョンがあります。現在のXXCloneはダイナミックディスクをターゲットボリュームとしてサポートできません。更に、XXCloneは全体のHDDではなく、ボリュームだけをバックアップします。新しいHDDまたはSSDでHDDを交換するのに効果がありません。異なるコンピューターにシステムイメージを復元したい場合、XXCloneを使用することができません。

結果として、XXCloneはユーザーの復元手間を省けるシステムイメージソフトウェアです。実際にそれはシステムクローンだけでなくディスククローンとシステムを含まないボリュームのクローンをサポートすべき本当のクローンソフトウェアではありません。そのため、XXCloneの代替品を見つけて、コンピューターをよりうまく管理するのはとても必要です。

XXCloneの代替品AOMEI Backupper

AOMEI BackupperはXXCloneと同じソフトウェアですが、より強力な機能を備えます。その無料バージョンAOMEI Backupper Standardでも、XXCloneの有料バージョンがない機能を持っているのでXXCloneより素晴らしいです。例えば、ディスクバックアップ、ファイル圧縮、パーティション/ボリュームバックアップ、ディスククローン、ユニバーサル復元などです。それはシステムの増分バックアップ、システムを含まないドライブ、全体ディスクを作成できます。バックアップを開始する前にバックアップイメージを圧縮し、パスワードで暗号化できます。更に、このソフトウェアはほとんどのストレージデバイスをサポートします。例えば、ダイナミックディスク、ハードウェアRIAD、SSD、NAS、サムドライブ(Thumb Drives)、USBフラッシュドライブ、VMシステムなどです

HDD/SSDにシステムをクローンするには、Windows11、10、8、7、XP、Vista向けAOMEI Backupper Professionalの「システムクローン」機能を利用することができます。また、企業で台数無制限のPCを守りたい場合、AOMEI Backupper Technicianを選ぶことができます。そのAOMEI Image Deployツールを利用して、ネットワーク経由でサーバー上のシステムイメージを複数のクライアントに展開または復元できます。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI Backupperでシステムをクローンする方法

★システムクローンを実行する前の準備:
クローン先としての記憶装置 - コンピューターに別のHDDまたはSSDを接続し、それが認識されることを確認してください。一般にノートパソコンの場合、SATA USB3.0変換アダプタが必要です。
システムクローンソフトウェア - AOMEI Backupperをダウンロード します。※ヒント:無料のStandard版は「システムクローン」機能をサポートしませんが、その「システムバックアップ」機能を使用してシステムイメージを作成し、そしてそれをターゲットディスクに復元することで、間接的にシステムクローンを完成させることができます。

ステップ 1. AOMEI Backupper Proをインストールして起動します。ソフトをライセンスコード入力で登録します。そして「クローン」タブの「システムクローン」オプションを選択します。

システムクローン

ステップ 2. 時にはユーザーはシステムクローンにどのパーティションを選択するかよく分かりません。これはクローン後のシステムが起動できないことを起こすかもしれません。そのため、このプログラムは自動的に必要なソースパーティションを選択します。大容量HDD/新しいSSDをクローン先のディスク(ここではディスク1)として選択すればいいです。「次へ」をクリックします。

SSDを選択

※注意:ターゲットディスクの上に既存のパーティションがある場合、パーティションの削除が要求されます。重要なデータがあれば、まず「いいえ」をクリックし、操作をキャンセルしてパーティションをバックアップしておいてください。

ステップ 3. 操作概要画面が表示されます。それを確認し、問題なければ「開始」をクリックしてシステムクローンを実行します。

Windows 10をSSDに移行する

※ヒント:「セクター単位のクローン」オプションをクリックすると、それが使用されたか否かに関係なく、システムパーティションのすべてのセクタをコピーします。しかし、それはより多くの時間を要します。また、クローン先のディスクがSSDである場合、「SSD 4Kアラインメント」オプションを選択してSSDのパフォーマンスを最適化してください。

ステップ 4. システムクローンの進行状況が100%に達すると、「完了」をクリックします。

完了

システムクローンが終了したら、ターゲットディスクからコンピュータを直接起動しないでください。新しいHDDまたはSSDでWindowsを起動できるように、システムクローンの作成が完了した後、コンピュータをシャットダウンしてください。そして、ソースディスクを取り外し、ターゲットディスクをソースディスクのソケットに接続します。ソースディスクは、補助記憶装置として別のソケットに挿入することができます。もし、ディスク全体を他のディスクにクローンしたいなら、「ディスククローン」を選択してください。