By Akira / 最後の更新 2021年08月09日

なぜUSBドライブをバックアップするのですか?

経済と技術の発展に伴い、データは重要な役割を果たしています。写真、ドキュメント、個人ファイルなどのデータをUSBドライブに保存する可能性があります。

また、システム障害やHDDのクラッシュが発生した場合は、起動可能なメディアを使用できます。起動可能なUSBドライブには、Windowsオペレーティングシステムファイルとその他の起動ファイルが含まれています。これらのファイルは、コンピューターを起動するために不可欠です。

USBイメージツール

USBのデータを安全に保つには、USBドライブをバックアップするか、USBイメージツールを使用して起動可能なUSBをコピーする必要があります。それで、Windowsに最適なUSBイメージバックアップソフトウェアは何ですか?WindowsでUSBドライブを簡単にバックアップする方法はなんですか?読み続けて、USBドライブをバックアップする方法を学びましょう。

最高の無料のUSBイメージツール-AOMEI Backupper Standard

Windows 10/8/7には、「バックアップと復元」という組み込みバックアップツールがあります。「バックアップと復元」を利用して、システムとファイルをUSBにバックアップできますが、USBドライブをバックアップすることはできません。

それで、USBドライブをバックアップするには、サードパーティのツールを使用する必要があります。ここでは、最高の無料USBイメージツール-AOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。Windows XP、Vista、7、8、8.1、10、および11(すべてのバージョン32ビットおよび64ビット)でUSBドライブを簡単かつ効率的にバックアップできます。

そのメリットは次のとおり:

  • 個人用や家庭用のコンピューターに完全無料です。

  • このソフトを使用すると、USBドライブをローカルHDD、外付けHDD、SSD、USBドライブ、ネットワーク共有/NAS、クラウドなどにバックアップできます。

  • ソフトウェアのディスクバックアップまたはパーティションバックアップ機能を使用して、USBドライブをバックアップできます。

  • バックアップスケジュールを設定できます。フル/増分バックアップをサポートします。ディスク容量を節約するためにイメージファイルの圧縮レベルを指定できます。

  • 個人用のProfessional版またはビジネス用のWorkstation版にアップグレードすると、イベントトリガーバックアップ、差分バックアップ、USB挿入バックアップ、イメージファイルの暗号化など、もっと高度な機能を楽しむことができます。また、Windows サーバOSに対応するServer版、台数無制限のPCで使用可能なTechnician版もあります。もっと見る »

USBイメージツールを使用してバックアップを作成する方法

ポータブルUSBドライブのバックアップを開始する前に、次のことを準備する必要があります。

  • USBメモリをコンピューターに挿入して、認識できることを確認します。

  • 外付けHDD、別のUSBドライブなどの外部デバイスを準備します。USBドライブを外付けHDDにバックアップする場合は、HDDまたはSSDを1つ購入する必要があります。

  • 下記のボタンをクリックして、AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードし、インストールしてください。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. インストール後にこのソフトを実行します。「バックアップ」をクリックして、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 別のバックアップタスクと区別するために、タスク名を変更することができます。

タスク名を変更

ステップ 3. 「ディスクを追加」をクリックします。ポップアップウィンドウで、USBドライブをソースディスクとしてを選択します。

ディスクを追加

ステップ 4. そして、ディスクイメージファイルを保存する場所(バックアップ先のドライブ)を選択します。

保存する場所

ヒント:「オプション」をクリックし、「USB挿入」(Professional版にアップグレードする必要があります)を選択すると、タスクが検出されたときに、USBを他のデバイスに自動的にバックアップしたり、データをUSBにバックアップしたりできます。

スケジュール

ステップ 5. 「開始」をクリックし、プロセスが完了するまで待ちます。

開始

ヒント:
オプションを有効にして、USBイメージファイルの暗号化(有料版でサポート)、コメント、圧縮、電子メール通知の有効化などを行うことができます。
ディスクスペースをうまく管理するために、バックアップスキームを有効にしたい場合、AOMEI Backupperの有料版にアップグレードしてください。
スケジュールをクリックして、USBドライブをデイリー、ウィークリー、マンスリーなどのモードでバックアップできます。

まとめ

Windowsには、バックアップと復元という組み込みのバックアップツールが用意されていますが、これを使用してUSBをバックアップすることはできません。内蔵HDD、システム、ファイルのバックアップのみに使用できます。したがって、Windows10/8/7用のUSBイメージツール-AOMEI Backupper Standardを使用することをお勧めします。これは、USBや起動可能なUSBのバックアップに役立ちます。ウィザードのようなインターフェースのため、非常に使いやすいです。

今すぐこのソフトをダウンロードして、Windows 10/8/7でUSBドライブをバックアップしましょう。Windows Serverの場合は、AOMEI Backkupper Serverを使用できます。