By ゆき / 最後の更新 2020年03月10日

USBメモリのデータをコピーしたい場合、やPC上のデータをUSBメモリにコピーしたい場合、優れたUSBコピー機を必要とするかもしれません。この記事では、USBコピー機でPCからデータをUSBに自動コピー(バックアップ、同期)する方法についてご紹介します。

事例

  • ●※USBメモリからPC本体にフォルダをコピーするとコピーされたフォルダに含まれる文書などが読み取り専用になっていて書き込みができません。またプロパティから属性の変更をしてみたのですが、変更できませんでした。今までUSBメモリに記録していたデータをPC本体で管理したいと思いますが、どうしたらいいでしょうか?

    ●※先日会社で使用しているPCのセキリュティーが厳しくなり、データーをUSBにコピーできなくなりました。仕事上どうしてもUSBメモリーにデーターを格納したいです。このPC上のデーターをUSBメモリーにコピー出来る方法がありましたら教えて下さい。

    ●※仕事場所のPCと、自宅のPCの情報をUSBで同期をはかれるソフトを探しています。いや、探しているのですが、大量にあるので、探すのに疲れました。なにか、秀逸なソフトはないでしょうか?・・・

上述した様々なケースで1つの強力なUSBコピー機があれば全ての問題を解決できるかもしれません。

USBコピー機ができること

USBコピー機は、USBからコンピュータへ、またはコンピュータからUSBへファイルを自動コピーすることができるツールです。USBメモリを挿入すると、データが自動的にコピーされます。このようなUSBコピー機は以下の状況で非常に役に立ちます:

USBメモリとPCの間でスケジュールバックアップを実行したいですが、時間も手間もかけたくないです。

パソコン初心者である友達や同僚に大量のファイルを共有したいですが、普通の方法は彼らにとってちょっと複雑なので、操作を簡略化したいです。

USBコピー機を使用して、多くの手動操作無しにUSBメモリとPCの間でデータをコピーできます。さて、どのようなUSBコピー機を選んだほうが良いですか?

Windows向けUSBコピー機

(≧∇≦)bオススメ~AOMEI Backupper Professionalはそういう優れたUSBコピー機です。そのファイルバックアップまたはファイル同期機能でファイルをUSBメモリにコピーしたり、USB上のファイルをコンピュータにコピーすることができます。バックアップ機能はイメージファイルを作成しますが、同期機能はそうしません。

バックアップまたは同期タスクを自動で実行するために、「スケジュール」オプションを使用できます。ここでは、「デイリー」「ウイークリー」「マンスリー」「イベントトリガー」「USB挿入」「リアルタイム同期」6つのモードが使用可能です。「USB挿入」を選択すると、プログラムはUSBメモリが接続されていることを検出すると、自動でタスクを実行します。こちらから無料体験
▶ノート:AOMEI Backupper Pro版はWindows PC(Windows 10、8、7、Vista、XPなど)のみ対応します。Windows Server(Windows Server 2016、2012、2008、2003など)に対応する必要がある場合、AOMEI Backupper Server版を使ってください。

WindowsでUSBコピー機を使う方法


USBコピー機でバックアップ/同期タスクのスケジュールを設定する前にUSBメモリのドライブレターを固定したほうがいいです。そうすると、毎回同じUSBメモリを同じコンピュータに接続するたびに、プログラムが簡単かつ正確にUSBメモリを認識できます。楽にドライブレターを変更して、固定する方法

以下の手順に従って、AOMEI Backupper Pro(有料)でPCからファイルをUSBメモリにコピーしましょう~

  • 1. USBメモリをコンピュータに接続し、認識することを確認します。

  • 2. AOMEI Backupper Proをインストールし、起動します。左側の「バックアップ」そして「同期」をクリックします。同期

  • 3. このタスクを他の同期タスクから区別するためにタスク名を編集できます。「1」で「フォルダを追加」をクリックします。フォルダを追加

  • ヒント:1つ以上のフォルダを同期するために、「フォルダを追加」を繰り返しクリックすることができます。

  • 4. ポップアップウィンドウで「ブラウズ」をクリックして同期したいフォルダを選択します。また「フィルタオプション」をクリックして同期したくない特定のファイルの種類を除外できます。フォルダを選択

  • 5. 「2」をクリックしてUSBメモリをターゲットパスとして選択します。ターゲットパスを選択

  • 6. 底部にある「スケジュール」ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウで「普通」タブのドロップダウンリストから「USB挿入」を選択します。「毎日一度に実行します」チェックボックスにチェックを入れるかどうかを選択できます。そして「はい」をクリックします。USB挿入

  • 7. 「開始」をクリックして操作を実行します。設定したタスクが完了した後、USBメモリを安全に取り外して大切に保管します。開始

補足オプション:このボタンをクリックして、特定の同期タスクの内容がよくわかるように、コメントを書くことができます。また、ここで電子メール通知を有効にすることもできます。

注:
▶スケジュールの設定が完了した後、ソースフォルダの名前を変更しないでください。さもないと、プログラムはそれを認識できません。
▶ファイルをUSBからコンピュータへコピーしたくない場合、ステップ4&ステップ5でソースパスとターゲットパスを変更すればいいです。

まとめ

AOMEI Backupperは、あなたが選択すべきUSBコピー機です。このツールを手に入れたら、USBメモリとコンピュータの間でファイルを自動でコピーすることができます。また、他の便利な機能を多く見つけることもできます。今すぐこれを試してみませんか?~