By Akira / 最後の更新 2022年03月30日

タスクマネージャーとは?

タスクマネージャーは、Windows7で最も必要なユーティリティの1つです。これにより、ユーザーはコンピューターの全体的なパフォーマンス、プログラムに関する詳細情報、およびコンピューターで実行されているプロセスを理解できます。応答しないプログラムを強制的に閉じるためによく使用されています。。ただし、今回、Windows 7でタスクマネージャーが応答しない、または開かない問題は非常に苛立たしいことです。

実際、Windows 7でタスクマネージャーが応答しないことを解決するのは難しくありません。これは、多くのWindows7ユーザーから報告されている一般的な問題です。そして、本文は、Windows 7タスクマネージャーが応答しない/機能しない/開かない問題を修正するのに役立つ10の実用的な方法を集めました。Windows 10/8にも適用されます。

Windows 7タスクマネージャーが応答しない/開かないことを解決する方法

まずは、コンピュータを再起動してください。次に、タスクマネージャが応答しないかどうかをチェックします。それでもタスクマネージャが機能しない場合は、次の解決策を確認してください。

方法 1. 他の方法を使用してタスクマネージャーを開く

普通はタスクマネージャを開くには1つの方法しか使用できません。ここでは、Windows7でタスクマネージャーにアクセスするためのすべての方法をリストしました。Windows 7のタスクマネージャーが開かないという問題が発生した場合は、他の方法でタスクマネージャーを開こうとすることができます。

1. タスクバーを右クリックし、タスクマネージャーの「開始」を選択します。

2. Ctrl + Shift + Escを押します。

3. Ctrl + Alt + Delを押して、タスクマネージャーを選択します。

4. Windowsの検索バーに「タスクマネージャー」と入力し、Enterキーを押して作成します。

方法 2. 別のアカウントに切り替える

別のアカウントに切り替えることは、Windowsの問題が発生したときに試すことができるもう1つの簡単な方法です。また、Microsoftフォーラムの一部のユーザーは、Windows7タスクマネージャーが応答しない問題を修正したと述べています。

ステップ 1. 新しいユーザーアカウントを作成します。「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」⇒「ユーザーアカウントの追加または削除」⇒「新しいアカウントの作成」でユーザーアカウントを追加します。

ステップ 2. このようにユーザーアカウントが追加されます。別のアカウントに切り替えて、スタートメニューでシャットダウンの横にある矢印をクリックし、「ユーザーの切り替え」を選択します。

新しいアカウントの作成

方法 3. コンピューターをスキャンしてウイルスを検出する

ステップ 1. ブラウザからMicrosoft Safety Scannerを検索してダウンロードし、起動します。ウイルス対策ソフトウェアを使用して、ディープスキャンを実行できます。ウイルスはWindows7タスクマネージャーが応答しない原因となる可能性があります。Microsoft Safety Scannerを使用して、システムがウイルスに感染しているかどうかを確認することもできます。

ステップ 2. スキャンを選択し、開始します。

ステップ 3. 画面に表示されているスキャン結果を確認してください。

方法 4. サードパーティのアプリをアンインストールする

一部のユーザーは、Windows 7でタスクマネージャーが機能しないという問題が発生したときに、サードパーティのアプリをアンインストールすることを提案しています。マルウェアによって、タスクマネージャーを正常に開くことができなくなる可能性があります。

コンピュータをセーフモードにすることで、パソコン不調の原因を特定することができます。セーフモードでタスクマネージャーに正常にアクセスする場合、何らかのマルウェアはタスクマネージャーを開くことができない原因であるかもしれません。

セーフモードとは、購入時に近い状態(初期設定)で起動したモードであり、一時的な不具合の原因を探るためのモードです。

ステップ 1. WindowsキーとRキーを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。

ステップ 2. msconfigを入力し、OKをクリックします。

ステップ 3. インターフェイスの上の「ブート」をクリックし、「セーフブート」の「ネットワーク」を選択し、OKをクリックして確認します。

ステップ 4. 「再起動」をクリックして、コンピューターを再起動します。

セーフブート

タスクマネージャをセーフモードで開くことができるかどうかを確認します。タスクマネージャーが正常に機能している場合は、コンピューターをスキャンしてマルウェアがないかどうかを確認し、それらをアンインストールできます。

方法 5. Windowsを更新する

タスクマネージャーが応答しない問題が発生したら、Microsoftは問題を修正するために新しいプログラムを更新して起動する場合があります。だから、新しいアップデートが利用可能かどうかを確認ください。

ステップ 1. 「スタート」で「コントロールパネル」を入力して、「システムとキュリディ」をクリックします。

ステップ 2. Windows updateの「更新プログラムの確認」を選択します。

ステップ 3. 「更新プログラムのインストール」をクリックします。次に、コンピューターを再起動し、タスクマネージャーを確認します。

更新プログラムの確認

ご注意:Windows updateは、データの損失につながる可能性があります。そして、まずはPCにファイルをバックアップして、新しいプログラムを更新してください。

方法 6. システムを復元する

Windowsシステムがウイルスまたは何らかの誤った操作によって損傷している可能性があるため、タスクマネージャーをスムーズに実行できません。この場合、システムを再インストールして試すことができます。ただし、ご存知のとおり、システムを再インストールすると、すべての設定、アプリケーション、およびデータが消去され、これにも時間がかかります。この問題を解決したい場合は、AOMEI Backupper Standardがお手伝いします。

AOMEI Backupperは、Windowsのほぼすべてのバージョンに対応するバックアップ&復元ソフトです。パソコン初心者にとっても完璧なデータバックアップソリューションです。バックアップ、同期、復元とクローンに優れた機能をたくさん備えます。無料バックアップソフトウェアをダウンロードしてお試しください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして起動します。「バックアップ」の「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

ステップ 2. このプログラムはシステムドライブに関する全てのパーティション(システムで予約済みのパーティションなど)を自動的に選択するので、バックアップ先だけを選択する必要があります。「開始」をクリックして、プロセスを待ちます。

開始

ステップ 3. バックアップが完了したら、「ホーム」に移動し、「復元」を選択します。システムバックアップを選択し、「次へ」をクリックします。

復元

ステップ 4. 操作を確認し、「開始」をクリックします。

開始

復元が完了すると、コンピュータを再起動するように求めるポップアップウィンドウが表示されます。Windows 7タスクマネージャーが応答しない問題が修正された場合は、必要に応じてコンピューターを再起動してください。

ヒント:
また、AOMEI OneKey Recovery(OKR)を利用して、回復パーティションを直接作成して、システムを回復パーティションにバックアップすることができます。その回復パーティションを利用して、簡単かつ高速にシステムを復元することができます。

方法 7. システムファイルチェッカーを実行する

システムファイルチェッカーツールは、Windowsのシステムファイル(Windowsを動作させるためのファイル)に、破損などの異常がないか確認し、修復するソフトウェアです。これを使用して、応答しないタスクマネージャーのトラブルシューティングを行うことができます。

ステップ 1. スタートメニュー内の検索欄にcmdと入力します。その名前をクリックし、「管理者として実行」を選択します。ポップアップウィンドウで「はい」をクリックして確認します。

ステップ 2. sfc /scannowと入力し、Enterキーを押します。

ステップ 3. プロセスが完了したら、PCを再起動します。

管理者として実行

この後は、変更されたシステムファイルを元のデフォルト状態に戻し、破損したファイルのバージョンを正しいバージョンに置き換えます。コンピューターを再起動し、タスクマネージャーをもう一度確認します。

方法 8. レジストリからタスクマネージャーを起動する

Windows のレジストリにはサービスやアプリケーションなど、Windowに使われている全ての設定がこのデータベースに格納されています。いくつかのレジストリ設定を変更して、Windows7タスクマネージャーが応答しない問題を修正することができます。

ステップ 1. WindowsキーとRキーを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。regeditを入力し、OKをクリックして「レジストリエディター」にアクセスします。ユーザーアカウント制御(UAC)で「はい」をクリックします。

ステップ 2. 次のキーに移動します:HKEY_CURRENT_USER⇒Softwar⇒Microsoft⇒Windows⇒ CurrentVersion⇒Policies、Systemがない場合は、Policiesを右クリックし、「新規」の「キー」を選択して作成してください。

ステップ 3. Systemを選択し、右ペインの空のスペースでマウスの右ボタンをクリックします。「新規」を選択してから、「DWORD(32ビット)値の編集」を選択します。DisableTaskMgrという名前を付けます。

ステップ 4. DisableTaskMgrをダブルクリックして値を0に設定し、OKをクリックして確認します。

ステップ 5. コンピュータを再起動します。次に、タスクマネージャを確認します。

タスクマネージャー

方法 9. グループポリシーエディターを確認する

ステップ 1. WindowsキーとRキーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。gpedit.mscと入力し、OKをクリックして「ローカルグループポリシーエディター」にアクセスします。グループポリシーはPCに関する構成とユーザーに関する構成の両方を管理する、Microsoft管理コンソール(MMC)ベースのツールです。タスクマネージャが設定で無効になっている場合は、Windows 7 PCで機能していないタスクマネージャーに会うことができます。

ステップ 2. 次のキーに移動します:「ユーザーの構成」⇒「管理用テンプレート」⇒「システム」⇒「Ctrl+Alt+Delオプション」

管理用テンプレート

ステップ 3. 「タスクマネージャーを削除する」をクリックします。「有効」に設定されている場合は、タスクマネージャーを開くことができないことが示されます。「未構成」を選択し、「OK」と「適用」をクリックして確認できます。

未構成

方法 10. WindowsPowerShellでタスクマネージャーを再登録する

ステップ 1. スタートメニュー内の検索欄でWindows Powershellを入力します。その名前を右クリックして、「管理者として実行」を選択します。ポップアップウィンドウで「はい」をクリックして確認します。Windows PowerShellは、システム管理用に特別に設計されたコマンドラインシェルスクリプト言語です。Windows 7のタスクマネージャーが応答しない問題が発生した場合は、タスクマネージャーの再登録を試みることができます。

ステップ 2. 次のコードをコピーして貼り付け、Enterキーを押します。Get-AppXPackage-AllUsers| Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register“ $($_。InstallLocation)\ AppXManifest.xml”}

ステップ 3. 次に、「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「デスクトップのカスタマイズ」に移動します。「フォルダオプション」を選択し、「表示」を選択します。「隠しファイル、フォルダー、およびドライブを表示する」を選択し、OKをクリックして確認します。

ステップ 4. ローカルディスク(C:)⇒「ユーザー」⇒「名前」⇒AppData⇒「Local」に移動します。TileDataLayerフォルダーを削除し、コンピューターを再起動します。

フォルダオプション

まとめ

Windows7タスクマネージャーが応答しないとか、開かないとかの問題を修正する方法は以上です。上記の方法のいずれかが問題の解決に役立つことを願っています。また、これらの問題をより簡単に解決する方法をご希望の場合は、AOMEIBackupperをお試しください。AOMEIBackupperは、システム/ディスク/パーティションのバックアップと復元に役立つだけでなく、システムに問題が発生した場合に備えて、システムが良好な状態になっているときにWindowsの回復ドライブをUSBに作成することができます。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較