By Comnena / 最後の更新 2020年07月17日

Windows 10/8/7でSSDにHDDをクローンする理由

HDDをより大きなHDDにクローンしたいかもしれませんが、なぜHDDをSSDにクローンしますか?心配しないで、以下で理由を説明します。

hdd sdd クローン

✦ 優れたパフォーマンス:より大きなHDDにHDDのクローンを作成する場合、将来さらに問題が発生する可能性があります。HDDに蓄積するデータが増えると、コンピューターの速度が低下し始めます。これを停止するには、HDDをより高速なSSDにクローンすることをお勧めします。HDDと比較した場合、SSDははるかに高速で、耐久性が高く、軽く、静かで、冷たく、消費電力がはるかに少ないです。

✦ 手頃な価格:以前は、SSDを購入したとき、その利点が高価格を上回ったかどうかを検討する必要がありました。今では、製造技術の向上と供給の増加により、SSDの価格が大幅に下落しました。そのようなさまざまなオプションを選択できます。例えば、PCI-Express、mSATA、M.2 SSDおよび通常のSATA SSDです。Samsung 970 EVO、Samsung M.2、WD Blue SSD、Mushkin Reactor SSD、PNY SSDなどの人気のSSDの多くは、インターネットで人気のサイト(Amazon、Scan.comなど)で入手できます。

HDDのクローンには何が必要ですか?

HDDをSSDにクローンするには、次の準備が必要です。

OSがインストールされている古いHDDを準備し、不良セクターを確認して修正します。
OSがインストールされているディスクからのみPCを起動できます。OSが破損または削除されていて、起動可能なUSB(またはCD / DVD)がない場合は、PCを起動できません。クローンされたSSDに元のHDDの不良セクタが含まれている場合、このSSDは起動しない可能性があります。

OSの転送先となる新しいSSDを入手します。
SSDから起動できるのは、OSをHDDからSSDにクローンした後のみです。新しいSSDが初期化されていなくても問題ありません。

ディスクバックアップを作成して、個人データを失わないようにします。
移行プロセス中に予期しない事態が発生した場合は、バックアップを使用してコンピューターを以前の状態に復元できます。

USBストレージデバイス、外部ディスプレイ、プリンターなどの外部接続周辺機器をすべて取り外し、HDDからSSDにデータを正しく移行できるようにします。

無料のディスククローンソフトウェア
当然ながら、優れたディスククローンソフトウェアが最も重要です。適切なソフトウェアを使用すれば、プロセスは簡単になります。無料で使いやすいAOMEI Backupper Standardを使用することをお勧めします 。

SATA-USB変換ケーブル
新しいSSDを、ハードドライブベイが1つしかないラップトップに接続します。

無料のHDDクローンソフトウェア-AOMEI Backupper Standard

AOMEI Backupper Standardは、HDDをSSDに簡単にクローンでき、大きなHDDを小さなSSDにクローンすることもできます(使用スペースがSSD以下であることを確認してください)。

AOMEI Backupperは、HDDのクローンを開始する前に、ターゲットディスク(SSD)のスペースが十分かどうかを確認します。十分なスペースがない場合、AOMEI Backupperの「パーティションクローン」によってデータの一部を別のストレージデバイスに転送したり、「システムクローン」(プレミアム機能)によってオペレーティングシステム(OS)のみをSSDに移行したりできます。AOMEI Backupper Standardは、Windows 10、8 / 8.1、7、Vista、およびXPをサポートします。

補足:SSDはHDDとは構造が異なるため、クローン作成プロセス中にパーティションをSSDブロックの境界に沿って配置する必要があります。AOMEI Backupperにはこれを行うオプション「SSD 4Kアライメント」が含まれているため、クローン作成プロセスの完了後、SSDのアライメントや速度について心配する必要はありません。素晴らしいボリュームシャドウコピーサービス(VSS)テクノロジーにより、クローン作成プロセスが作業を中断することを心配する必要はありません。

Windows 7/8/10でOSを再インストールせずにHDDをSSDにクローンする方法

SSDを2番目のドライブベイに取り付けるか、SATA-USB変換ケーブルを使用してPCに接続します。SSD上のスペースがソースディスク上のすべてのデータを保持するのに十分な大きさである限り、以下の手順に従って、HDDをより小さな/より大きなSSDにクローンできます。

HDDをSSDにクローンし、自分で試すには、以下のステップバイステップガイドをご覧ください。

ステップ 1. ディスククローンソフトウェアをダウンロードしてインストールします。無料で使いやすいAOMEI Backupper Standardの使用をお勧めします。

ステップ 2. プログラムを実行し、「クローン」>「ディスククローン」オプションを選択してください。

ディスククローン

ノート:
◆ このバージョンは、データディスク間のクローンとMBRタイプの起動ディスクからMBRディスクへのクローンのみをサポートしています。GPTタイプの起動ディスクをクローンするか、MBRタイプの起動ディスクからGPTディスクにクローンする場合は、AOMEI Backupper Professionalまたは他の有料バージョンへアップグレードする必要があります。
◆ ソースHDDとターゲットSSD間のパーティションスタイルを確認します。「ディスクの管理」に移動し、ソースHDDまたはSSDを右クリックして、「プロパティ」>「ボリューム」を選択します。そして、「パーティションのスタイル」ではMBRかGPTを確認できます。

ステップ 3. クローンしたいHDDをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックしてください。

ソースディスク

✎ノート:
◆ コンピュータが認識できるすべてのHDDがプログラムに表示されます。
◆ ダイナミックディスクの場合は、この記事「Windows 10で簡単にダイナミックディスをクローンする方法」を参考にしてください。

ステップ 4. 大きい/小さいSSDをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックしてください。

※ご注意:クローン後、ターゲットSSDのすべてのデータ(存在する場合)が削除されることに注意してください。重要なデータを失いたくない場合は、事前にバックアップを作成する必要があります。

ターゲットディスク

ステップ 5. SSDのパフォーマンスを向上させ、寿命を延ばすために、「SSD 4Kアライメント」オプションにチェックマークを付けてください。次に、「開始」をクリックして、HDDをSSDにクローンし始めます。

ほかの設定

開始

✎ノート:
◆ 新しいSSDから正常に起動できるまで、古いHDDをフォーマットしないでください。
◆ Windows 10/8/7オペレーティングシステムを新しいSSDに移行するだけの場合は、「システムクローン」を実行できます。この機能を利用するには、Pro版にアップグレードする必要があります。

AOMEI Backupper Standardはクローン機能に加えて、Windowsのバックアップと復元機能も提供します。これらの機能を使用して、クローン機能を置き換えることができます。つまり、ディスクのバックアップと復元は、ディスククローンの別の形式です。

このソフトウェアは、ノートパソコンのHDDをSSDにクローンし、Dell HDDをSSDにクローンし、HDDをSamsung SSDにクローンするなどにも適用されます。

HDDをSSDにクローンした後に何をしますか?起動順序を変更して、クローンされたSSDを最初の起動デバイスとして設定し、コンピューターを起動します。または、元のHDDを取り外してクローンされたSSDをインストールし、起動順序と起動モードを設定して、そこから起動します。

クローンした後、ブート問題をどのように修正しますか?

クローン後、一部のユーザーはSSDが起動しないと不平を言います。これから、起動しない理由と修正方法を以下に示します。

起動順序が正しくない:SSDを最初の起動デバイスとして設定しない場合、そこからPCをロードすることはできません。起動順序が正しいかどうかを確認するには、コンピューターを再起動する必要があります。BIOSに入った後、BIOSの設定でSSDを優先順位に設定し、F10を押して変更を保存します。そして、問題が起動順序に関連している場合、コンピューターはSSDから起動できます。

GPT / MBRの競合:ソースHDDとターゲットSSDのパーティション構造が異なるか、ブートモードが正しく設定されていません。GPTをMBRディスクにクローンしようとしたり、MBRをGPTディスクにクローンしようとしたりすると、この競合が発生してコンピューターを起動できなくなる可能性があります。パーティション構造がソースディスクとターゲットディスクで同じであることを確認します。MBRディスクはBIOSモードからのみ起動できますが、GPTはUEFIモードから起動できます。正常に起動するように正しい起動モードを設定します。例えば、レガシーをUEFIブートモードに変更して、GPTディスクからブートします。

エラーのあるHDDをSSDにクローンしました:ディスクイメージまたはシステムイメージがある場合は、「復元」機能を使用してイメージをSSDに復元することができます。

クローン作成プロセスで問題が発生しました:クローン作成プロセスで予期しない問題が発生しました。したがって、プロセスを再試行して、エラーが修正されたかどうかをご確認ください。

さらに、SSDにHDDのクローンを作成してから、SSDを新しいPCにインストールする場合は、Windows 7/8/10オペレーティングシステムをアクティブ化する必要があります。元のプロダクトキーを使用してアクティブ化するか、Microsoftに問い合わせてください。

この無料のHDDクローンソフトウェアの詳細

HDDをSSDにクローンできることは別として、AOMEI Backupper Standardには、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップと復元など、多くの高度な機能があります。

AOMEI Backupperは、フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップ、および自動(スケジュールされた)バックアップもサポートしています。これにより、効率的な方法でバックアップを作成して、データ損失の脅威からシステムを保護できます。プレミアムバージョンでは、リアルタイムのファイル同期も利用できます。完全なシステム障害が発生した場合、起動可能なレスキューUSBまたはCD / DVDを作成して、WindowsPE環境からシステムを起動することができます。

AOMEI Backupper Standardは、個人での使用は完全に無料です。今すぐ試して、HDDをSSDにクローンしてください。サーバーユーザーにとっては、AOMEI Backupper Serverを試して、より強力な機能を楽しむことができます。最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@