By Akira / 最後の更新 2022年06月08日

PCのHDDを交換する原因

ノートパソコンまたはデスクトップを使用していても、場合によってはハードディスクを交換する必要があります。以下は3つの一般的な状況です:

HDDの交換

ディスクの空き容量が不足しているので、もっと大きなハードディスクにアップグレードします。
コンピューターの動きは遅く、速度を上げるためにHDDをSSDに交換したいです。
ハードディスクの故障が発生しているため、新しいディスクに交換しなければなりません。

ハードドライブを交換すると、すべてのデータが失われますか?

ハードドライブの交換方法を尋ねるとき、さまざまな種類の重要なデータを保持しているため、データを失うことなくハードドライブを交換する方法についてもっと心配するかもしれません。

さらに、データを失うことなく新しいHDDを変更したりハードドライブをSSDにアップグレードしたりできる場合は、システムやさまざまなプログラムの再インストールを回避できます。幸いなことに、これは夢ではありません。AOMEI Backupperで交換を行う場合、あなたは何も失うことはありません。

HDDを交換する最適なソフト--AOMEI Backupper

AOMEI Backupper Professionalは専門的なバックアップと復元ソフトウェアで、増分バックアップ&差分バックアップ、ユニバーサル復元など多くの先進的な機能を備えています。その中で、クローンはデータを失うことなくハードドライブを交換する理想的な選択です。

ドライブのクローンを作成した後、既存のドライブを削除して新しいドライブと交換するだけです。大きなハードディスクを小さなSSDに交換しても、使用済みの部分だけを移行することができます。

しかも、クローンの作成は、パソコンの専門家でなくても簡単に行えます。さあ、始めましょう。まず、AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、パソコンにインストールしてください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI BackupperでHDDの交換を実行する方法

1. クローンを開始する前に、まず、いくつかの準備をする必要があります:

1. 新しいディスクを入手し、お使いのデスクトップPCまたはノートPCに適合することを確認してください。

2. ノートPCの場合、SATA-USB変換アダプタを用意します。

3. 一時ファイルやゴミ箱にあるファイルを削除し、元のディスクの使用済み領域をクリーンアップします。ターゲットディスクの容量はソースディスクの使用済み容量と同じまたはより大きいことを確認します。

4. AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールし、起動します。クローン完了後、ターゲットディスクが上書きされます。あらかじめ重要なファイルをバックアップしておく必要があります。また、予期しないエラーに備えて、事前にシステムのバックアップやディスクのバックアップを作成しておくことをお勧めします。

2. 準備作業が完了したら、次の手順に従ってディスクの交換を実行しましょう~(o゜▽゜)o☆

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動し、「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。OSのみを移行したい場合は、「システムクローン」を選択できます。

ディスククローン

ステップ 2. 既存のドライブをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

ステップ 3. 保存先ディスクを選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. 操作内容を確認し、「開始」をクリックします。クローンを開始する前に、下段に三つのオプションがあります。

パーティションを編集:「パーティションのサイズを変更せずコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」と「パーティションのサイズを手動で変更」の三つのオプションで、クローン先でパーティションサイズを調整することができます。
セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクタをコピーします。ハードディスクをより小さいディスクにクローンする場合、このオプションにチェックを入れないでください。
SSD 4Kアライメント:コピー先のディスクがSSDの場合、このオプションを使って、読み込みと書き込みの速度を向上させます。

開始

パーティーションを編集

 3. 古いHDDをPCから取り外し、新しいディスクを装着します。

現在使用しているHDDを変換するには、古いHDDを取り外して新しいディスクを取り付ける必要があります。デスクトップパソコンとノートパソコンでは古いHDDの取り付け方法が大きく異なるため、記事内で別々に説明しています。

デスクトップパソコンの場合:PCのケースを開け、マザーボードに接続されているHDDをケースから取り外し、HDDをPC内に固定します。次に、新しいディスクをSATA3ケーブルでSATA3ポートに挿してPCに接続します。

デスクトップパソコン

ノートパソコンの場合:まずは、パソコンのカバーを取り外していきます。古いディスクとパソコン本体を接続するケーブルを外します。丸印部分のケーブル接続端子を開けてケーブルを外します。4本のネジを外して古いディスクを取り出します。新しいディスクを古いHDDが付いていたマウンタに取り付けます。今までと逆の手順で、カバー、キーボード、光学ドライブ、バッテリーを取り付けていけば完了です。

ノートパソコン

4. 起動ディスクを変更して新しいディスクからPCを起動します。

BIOS画面の起動順を変更し、OS移行を行った新しいディスクが最初に起動するようにします。

デスクトップパソコンの場合:再起動後、BIOS画面へ新しいディスクが先に起動するように、優先順位を変更します。変更後も古いディスクから起動する場合は、古いディスクからSATAケーブルを抜いてください。

bios

ノートパソコンの場合:古いディスクと新しいディスクを交換します。

まとめ

上記のように、AOMEI Backupperを使用すると、短時間でWindows HDDの変換を実行できます。ディスククローンの作成に加えて、このソフトはシステムクローンを作成することもできます。これは、Windows 11/10/8などでCドライブのクローンを作成するのに役立ちます。

また、Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Backupper Serverのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。