By AOMEI / 最後の更新 2020年05月07日

ダイナミックディスクについて

ディスクはベーシックディスクとダイナミックディスクに分けることができます。ほとんどのPCユーザーはベーシックディスクを使用します。ベーシックディスクは26文字に制限されます。また、それは最多4つのプライマリパーティションしかサポートしません。ダイナミックディスク上ではパーティションがダイナミックボリュームと呼ばれています(略称ボリューム)。

またそれはRAID5ボリューム、ミラーボリューム、ストライプボリューム、スパンボリュームとシンプルボリュームを含みます。ダイナミックディスクはユーザーに与える機能はベーシックディスクより多いです。例えば、ダイナミックディスクは4つ以上のプライマリパーティションを持って、ベーシックディスクより柔軟です。しかし、Windows OSのホームエディションはダイナミックディスクをサポートしません。良い消息はダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する可能性があることです。

ダイナミックディスクのバックアップは必要である理由

● ストレージを拡張:ダイナミックディスクの空き容量が不足している可能性があります。解決するには、データをバックアップし、新しいディスクに保存します。そして元ダイナミックディスク上のデータを削除して、ディスク容量を解放することができます。

● ベーシックディスクに交換:古いHDDまたは故障したHDDは、保存されたデータの安全性は低くなります。だから、既存のボリュームをコピーして古いハードディスクをアップグレードするか、ベーシックディスクに交換すると解決できます。

● データを保護:データ損失は、さまざまな状況でさまざまな要因によって発生する可能性があります。データセキュリティを確保するために大切なデータをバックアップして、別の安全な場所に移転します。

専門ソフトでダイナミックディスクをバックアップ

Windowsの内蔵ツールを使用して、ダイナミックディスクのイメージバックアップを作成できますが、ステップに従うとしても操作は非常に繁雑で、混乱しっぽいです。それをより簡単にするために、AOMEI Backupperのようなサードパーティ製の専門バックアップソフトウェアの力を借りることができます。AOMEI Backupperは無料版を提供していて、だれでも利用できます。また、機能性と安全性を保証できます。

普通のベーシックディスクの場合、AOMEI Backupperの「ディスクバックアップ」機能によって全てのディスク上のデータを一気にバックアップできます。が、ダイナミックディスクその構成がもっと複雑と精密のため、「パーティションバックアップ」という機能によってダイナミックディスクのボリュームの一つ一つをバックアップしなければなりません。その操作は一般的なパーティションバックアップとは大きな区別がなく、注意するのは一つだけ:ボリュームの一つも漏らさず、全部のボリュームをバックアップしたことを確保します。

では、詳細なステップを見に行きましょう。

バックアップ&復元フリーソフト | AOMEI Backupper Standard

やさしい手順と簡潔なインタフェース。初心者でも使える。

高級版にアップグレードできる。

無料ダウンロード

Win 10/8.1/8/7/XP

ダウンロード数が2千万回を超えた

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動し、ホームページで「バックアップ」、「パーティションバックアップ」の順に選択します。

パーティションバックアップ

ステップ 2. 次は、バックアップタスクを区別できるように、タスク名を変更または編集することができます。そして「パーティションを追加」をクリックます。

パーティション追加

ステップ 3. 次のウィンドウでダイナミックボリュームの情報が表示されます。そのボリュームは一つ一つをバックアップする必要があるから、左から右への順番に全てのパーティションを次々と選択して、「追加」をクリックします。

パーティション選択

ステップ 4. そして小さい赤ボックス内のアイコンをクリックして、ターゲットパスを選択します。確認したら、「開始」をクリックします。

ターゲットパス

ステップ 5. それでボリュームバックアップによるダイナミックディスクのバックアップが完成しました。もし以降はボリュームの変更や編集があったら、「ステップ3」でその変更されたボリュームだけを選択してバックアップすればいいです。

ヒント:

● 「スケジュール」をオンにしたら、定期的な自動バックアップが設定できます。

● 「スキーム」をクリックして「バックアップスキームを有効にする」をオンにしたら、「フルバックアップスキーム」、「差分バックアップスキーム」、「増分バックアップスキーム」などが選択できます。そして異なるバックアップスキームを理解しやすくするために簡易なジフが付いてあります。「スキーム」についてより詳しい情報はこのリンクをクリックしてください。

スキーム

● それ以上、AOMEI Backupperは優れたバックアップ・同期ソフトだけじゃなく、クローン機能も備えております。必要に応じてディスク・パーティション・システムクローンが選択できます。

注意:「バックアップスキームを有効にする」、「システムクローン」などの高級機能はプロ版に制限されています。アップグレードしてから利用できます。

最後

ここまで読んで、Windows 7のダイナミックディスクをバックアップする方法が分かってるでしょう。伝統的な方法より、AOMEI Backupperのほうがもっと優しいです。もし、お使いのパソコンはサーバーの場合、AOMEI Backupper Serverの利用を検討してくだい。

あらためて、最後までありがとうございます。AOMEI Backupperを選択して、データを守ります。