By Akira / 最後の更新 2022年08月10日

コンピューターがクラッシュした原因

PCのクラッシュまたはシステムクラッシュは、深刻なコンピューター障害です。コンピューターのプログラムが予期せず終了したり、オペレーティングシステムが起動できなくなったりする場合があります。

Microsoft Officeなどのコンピュータープログラムの場合、それ自体のエラーまたは他のプログラムとの競合である可能性があります。また、プログラムがレジストリなどのOSの重要な部分である場合、システムクラッシュ、カーネルクラッシュなどのシステムエラーが発生する可能性があります。

コンピューターがクラッシュした原因

では、なぜコンピューターが突然クラッシュするのでしょうか?次のようになります。

  • 1. 破損したシステムレジストリファイル

  • 2. 無秩序なファイル

  • 3. マルウェア

  • 4. 不十分な使用可能なメモリ

  • 5. デバイスドライバの問題

  • 6. 電力サージ

  • 7. ハードウェアの問題

PCがクラッシュした時、ファイルを回復する方法

コンピューターがクラッシュした時、完全にはクラッシュしない場合があります。したがって、インストールディスクまたは回復ドライブからコンピューターを起動し、クラッシュしたコンピューターのHDDからファイルをコピーできます。

また、部分的に損傷している場合やOSのみがクラッシュした場合は、HDDを取り外してから、USB-SATAケーブルを介して別のコンピューターに接続することを選択できます。

その後、データの損失を心配することなく、コンピューターを回復するために次の方法を試すことができます。

方法 1. 「前回正常起動時の構成」でファイルを回復する

「前回正常起動時の構成」は、ブートメニューにあるオプションです。ドライバなどの設定を変更して、コンピューターが起動できない場合は、このオプションを使用してコンピューターを起動できます。そして、それは何も削除しません。

手順 1. コンピューターを起動し、F8キーを繰り返し押してから、Windowsロゴを表示します。次に、「詳細ブートオプション」ウィンドウが表示されます。

手順 2. 「前回正常起動時の構成」オプションを選択し、Enterキーを押します。

前回正常起動時の構成

手順 3. コンピューターが起動するのを待ち、問題が解決したかどうかを確認します。

方法 2. セーフモードでファイルを回復する

セーフモードは、コンピューターのオペレーティングシステムの診断モードです。セーフモードを使用すると、問題の原因を見つけて修正できます。また、悪意のあるソフトウェアを削除するために広く使用されています。

手順 1. 方法1のように、「詳細ブートオプション」ウィンドウに入り、セーフモードを選択します。

セーフモード

手順 2. コンピューターを再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。

方法 3. 「システムの復元」でファイルを回復する

システムの復元では、Windowsのファイルや設定など、コンピューターを以前の日付に復元できます。ソフトウェアまたはドライバの損傷の原因でコンピューターがクラッシュした場合は、セーフモードでシステムの復元を実行できます。

手順 1. Shiftキーを押しながら再起動を押してください。次に、「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「スタートアップ設定」を選択します。キーボードの「4」キーを押し、「セーフモードを有効にする」を選択します。

セーフモードを有効にする

手順 2. 「システムの復元」をクリックして、「次へ」をクリックします。復元ポイントが正しく機能しない場合は、「別の復元ポイントを選択する」にチェックマークを付けてください。

別の復元ポイントを選択する

手順 3. 設定を確認し、「完了」をクリックします。

方法 4. AOMEI Backupperでファイルを復元する

AOMEI Backupper Stanardは、Windows 11/10/8/7/XP/Vista用の無料のバックアップソフトウェアであり、重要なファイルやフォルダをバックアップするのに役立ちます。また、必要に応じてシステム、ディスク、またはパーティションをバックアップできます。

変更を追跡するために、スケジュールを設定して自動バックアップを作成することをお勧めします。ディリー/ウィークリー/マンスリーなどのバックアップモードでバックアップできます。

また、コンピューターのクラッシュなどの問題が発生した場合に、以前にAOMEI Backupperで作成したファイルバックアップを使用してファイルを復元することができます。ここで、AOMEI Backupper Standardを利用して、ファイルの復元を始めましょう。

ご注意:障害のあるコンピューターを起動するには、動作中のコンピューターに起動可能なUSBを作成する必要があります。

手順 1. ファイルバックアップを含むHDDを作業中のコンピューターに挿入し、それが検出されていることを確認します。次に、AOMEI Backup Standardをダウンロードします。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. AOMEI Backup Standardを起動し、「復元」をクリックして、「タスクを選択」をクリックします。

タスクを選択

手順 3. ファイルバックアップイメージを選択し、「次へ」をクリックします。

ファイルバックアップイメージ

手順 4. イメージ情報を確認してから「次へ」をクリックします。

イメージ情報

手順 5. ファイルを保存する場所(復元先のフォルダ)を選択します。外付けHDDに復元する場合は、最初に接続してください。

保存する場所

手順 6. 最後は問題なければ「開始」をクリックしてファイル復元を実行します。

コンピューターをクラッシュから保護する

前述のように、バックアップはデータまたはOSを保護するための最良の方法です。したがって、ファイルのバックアップがない場合は、以下の手順に従ってすぐに作成してください。さらに、適切なバックアップソリューションを使用して、完全なシステムバックアップまたはディスク全体のバックアップを作成できます。

手順 1. データストレージ用の外部ディスクを準備します。次に、AOMEI Backupper Standardを起動し、「バックアップ」をクリックして、「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

手順 2. 「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックして、バックアップしたいファイル/フォルダを選択します。

ファイルを追加

手順 3. 次に、準備したディスクをバックアップ先として選択します。

バックアップ先

手順 4. オプション、スケジュールまたはスキームをクリックして、現在のバックアップタスクをより詳しく設定することもできます。

>>オプション:電子メール通知を有効にしたり、バックアップイメージファイルの圧縮レベル、インテリジェントセクターバックアップまたはバックアップサービスを選択したりすることができます。
>>スキーム:古いイメージファイルを自動的に削除して、ディスク容量を節約します。
>>スケジュール:ファイルをディリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー/USB挿入のモードでバックアップできます。

上記のいくつかの機能を利用するには、AOMEI Backupper Professionalまたはそれ以上のエディションにアップグレードする必要があります。

スケジュール

手順 5. 確認後、「開始」をクリックします。選択したファイルとフォルダは定期的にバックアップされます。

まとめ

「コンピュータがクラッシュした時、ファイルを回復する方法はなんですか?」は多くのユーザーが遭遇した問題です。ファイルを復元する方法はたくさんありますが、最も簡単なのは、プロのバックアップと復元ソフト-AOMEI Backupper Standardを使用することです。

ただし、データやOSを保護するには、復元だけでは不十分です。AOMEI Backupperを利用して、スケジュールされたファイルバックアップまたはシステムバックアップを作成する必要があります。したがって、コンピューターがいつクラッシュしても、事故前のデータやプログラムを含む最新のバックアップがあります。今すぐダウンロードしてお試しください。