コンピュータのバックアップ:ランサムウェアに対応する最高の防御

ランサムウェアについて

ランサムウェアはマルウェアの一種です。パソコン内のデータを人質に取り、ファイルの暗号化を解除すること、またはデータ復元のために身代金を支払うことを要求します。ランサムウェアは複数の種類が存在します。WannaCryのようなランサムウェアに感染するとコンピュータのファイルが暗号化され、コンピュータが使用できないことが発生する可能性があるため、ランサムウェアに対応する防御を知らない場合、大きな被害を受けるかもしれません。

ランサムウェア

身を守ることを知らない場合、WannaCry(別名Wanna Decryptor)のようなランサムウェアは何度も発生します。それはハッカーの武器EternalBlue(エターナルブルー)を利用して拡散されている新しいワーム型ウイルスで、遠距離からWindowsのポート445を攻撃できます。WannaCryに感染するとディスク上のファイルは勝手に暗号化されます。そして、ハッカーはコンピュータを遠距離からコントロールしてユーザーにビットコインを身代金として要求します。例えば、 コンピュータでこのランサムウェアが発生すれば、フォルダは「.WNCRY」というファイル拡張子で暗号化され、壁紙も変更されます。デスクトップに以下の内容を含むウィンドウがポップアップします:Bitcoinでこのオンラインアカウントに支払う必要があり(一般的に数百ドル、時には数千ドル)、そしてファイルを復元するための復号キーが届きます。もし支払いを断るなら、ファイルをそのまま暗号化されるか、削除されることまでもあります。

WannaCry

ランサムウェアからコンピュータを守る方法

ランサムウェアは人々に重大な影響を及ぼします。それは政府サービスのウェブサイト、病院、銀行、ガソリンスタンドなどを簡単に攻撃できて人々にビットコインを要求します。多くの場所でビジネスは既に停止しています。さらに悪いことは、ランサムウェアがキャンパスLAN内で爆発するかもしれません。沢山の卒業生の論文は暗号化される可能性があります。バックアップがないなら、もう一度論文を書かなければなりません。一部の学生は卒業できないことに頭を抱えます。

残念ながら、もしコンピュータはもうランサムウェアに感染したらここでは解決案がありません。MicrosoftはWindows 10がWannaCryから影響を受けないことを説明しましたが、他のOSはランサムウェアを防御するためにパッチをインストールする必要があります。ランサムウェアの脅威に直面しながらランサムウェアに対抗するために以下の防ぎ方を試すことができます:

1.電子メール、ウェブサイト、アプリにご注意ください

ランサムウェアはいくつかの悪意のあるソフトウェアに隠されるかもしれません。これらのソフトウェアをダウンロードすると、攻撃を起動してファイルは暗号化されるかもしれません。これらの悪意のあるソフトウェアはフィッシング(詐欺)メール、ウェブサイト上の悪意のある広告、疑わしいアプリやプログラムを通して被害者のデバイスにインストールされるかもしれません。そのため、電子メール、ウェブサイトなど特に注意を払う必要があります。公式ストアによって認証されていないアプリを決してダウンロードしないでください。

2.ウイルス対策プログラムを使用します

悪意のあるウェブサイトやアプリを区別できない場合、ウイルス対策プログラムを使用できます。ほとんどのウイルス対策プログラムはもともとファイルをダウンロードする前にそれをスキャンしてランサムウェアを含むかどうかを識別できます。また、ウェブを閲覧する時それはウェブサイトが危険であるかどうかをスキャンできます。

3.アップデートを常にインストールします

多くの会社はランサムウェアのインストールに悪用されることができる脆弱性を修正するために常にソフトウェアのアップデートをリリースします。そのため、いつもソフトウェアのアップデートをインストールするのは必要です。

4.OSをWindows 10にアップグレードします

MicrosoftはWnnaCryランサムウェアがWindows 10に影響を与えないことを声明します。そのため、OSをWindows 10にアップグレードするのはランサムウェアからコンピュータを守る有効な方法です。さもないとできるだけ早くパッチをインストールする必要があります。

5.Windowsのポート445をシャットダウンします

WannaCryランサムウェアはWindowsのポート445を利用して拡散されるため、Windowsのポート445をシャットダウンするのは必要です。

6.身代金を決して支払いません

ランサムウェアの被害者は暗号化されたファイルを解除するために身代金を支払います。実は身代金を支払っても彼らはもっとお金を要求するかもしれません。お金を損するだけでなく問題を解決できません。そのため、ランサムウェアに対抗する最高の方法はファイルバックアップであるべきです。バックアップがあれば、それからデバイスを復元できます。

7.ファイルバックアップを良い習慣にします

もしお使いのコンピュータは既にランサムウェアに感染したら、被害者ができる唯一のことはOSを再インストールしてランサムウェアを駆除することです。それを行うと、重要なデータは直接回復できません。でも、ランサムウェア侵入前にコンピュータをバックアップするなら、OSの再インストールが必要である時コンピュータを前の状態に復元できます。そのため、データバックアップはランサムウェアに対応する最高の防衛であるべきです。

ランサムウェアからコンピュータを守るために最高のランサムウェア対応策はAOMEI Backupperでコンピュータを頻繁にバックアップすることです。データをバックアップするのは確かに良い習慣です。AOMEIは無料でAOMEI Backupper Standardを提供します。ランサムウェア侵入の前にコンピュータをバックアップする方法について、以下の手順に従うことができます:

ヒント:

ランサムウェアからコンピュータを保護するためにコンピュータを外付けHDDにバックアップしたほうがいいです。そのため、行う前に外付けHDDを準備してバックアップイメージを保存する必要があります。

ステップ1.外付けHDDをコンピュータに接続します。コンピュータはそれを検出できることを確認してください。AOMEI Backupperを無料でダウンロードし、インストールして起動します。その主なインターフェースで「バックアップ」をクリックして「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

ステップ2.「ファイル/フォルダを追加」をクリックしてコンピュータ上のファイル/フォルダをソース部分として選択します。そして「2」をクリックして前に準備した外付けHDDをターゲットディスクとして選択します。

ファイルを追加

ステップ3.「開始」をクリックする前に「スケジュール」オプションで自動バックアップを設定できます。こうすれば変更されたファイルを見失うことができません。最後、「開始」をクリックして操作を実行できます。

スケジュール設定

進行状況は100%に達する時、重要なデータのバックアップが既に完了しています。その後外付けHDDを取り外します。このバックアップイメージがあればWannaCryランサムウェアを恐れる必要がありません。コンピュータドキュメントはWannaCryランサムウェアに暗号化されるとバックアップイメージからデータを復元できます。そのためバックアップはランサムウェアに対応できる最高の防衛です。

結論

データバックアップは最高のランサムウェア対応策であるべきで、データの安全性を保護する良い習慣です。すべてのユーザーはデータバックアップの良い習慣があるなら、ランサムウェアが爆発する時バックアップを使用してコンピュータを前の状態に復元できます。